miyagiya onlineshop

陶器の特徴

陶器は吸水性があり、同じ技法を用いても、その日の気候、土や釉薬の中に含まれる天然鉱物などの影響で、焼き上がりは微妙に異なります。これは、陶器の魅力であり特性です。

また沖縄の陶器には下記のような表現が見られる場合があります。
・釉薬の塗りむら、ひび(貫入)、釉薬を重ね塗りした際のブツブツとした噴き。
・窯の炎の温度やあたりによる色むら、釉薬の流れ、焦げ、灰や煤による黒い砂状紋。
・土にサンゴが含まれる場合、焼成中にそれがはじけることによる小さな穴やふくらみ。

大切に使ってお手入れしていても、使い込むほどにしみやひびがでてきてしまうのも特徴のひとつです。徐々に変化していくこの表情も、器の趣として育て、風合いを永くお楽しみください。
自然が作りだすこれらの現象は、陶器が一つと同じものがない理由であり、魅力でもあります。
miyagiyaでは、できる限り均一で質の高いものを工房から選んでいますが、当店でお買い物の際は上記現象をご理解下されば幸いです。

蛇の目(じゃのめ)に関して

皿や碗の内側の、丸く釉薬を削り取ったところを「蛇の目」と呼びます。これは、陶器を重ねて焼く製法独特のものであり、重ね焼きの必須のものです。
近年、この「蛇の目」の技法で重ね焼きをおこなっている窯はごく少ないようで、沖縄ではまだかなりおこなわれていますが、県外ではほぼ残ってないと言われています。
「蛇の目」は釉薬でおおわれていないために、しみがついたり変色することがありますが、長い間使用しているうちに、おちついた風合いとなり、器としてかえって美しく効果を発揮します。
経年変化をぜひお楽しみください。
(使用前に米の研ぎ汁に漬けることで多少防ぐことができますが、少なからず変色することをご理解ください。)

貫入(かんにゅう)に関して

貫入とは、陶器の焼成時における陶土と釉薬の収縮率の差によって生ずる表面の細かいひび状ものです。
陶器は、陶土に釉薬を塗って焼かれます。その際、釉薬はガラスのように溶けて陶器の上を覆います。
焼かれた後は次第に冷えていき、冷えた際の収縮度が陶土と釉薬とで違うため、この差により釉薬がひびのような状態になって固まります。 これを貫入と言います。
貫入は、使うほどに味わいが出、器の景色がよくなります。

陶器のお取り扱いについて

陶器とは、粘土を原料とするやきもので、素地の吸収性を補うため釉薬(ゆうやく)とよばれる上薬(うわぐすり)を掛け、1,100度から1,300度の温度で焼かれるやきものをいいます。
陶器を永くお使いお楽しみいただく為に、以下の点に注意してご使用ください。

ご使用前に

・ お料理を盛る前に、器に水分を含ませて軽く拭いてからお使いいただくと、茶渋・しみ等がつきにくくなります。
・ 更に汚れをつきにくくする為には、初めてお使いになる前に、洗った器を鍋に入れ、器が隠れるくらいの米の研ぎ汁を入れてごくごく弱火で約5分程煮沸した後、鍋に浸けたままゆっくり冷ましてよく洗い乾かします。器の焼きが締まり、目が締まって汚れが浸透しにくくなります。(煮沸の際に鍋の中で陶器同志がぶつかることで破損しないよう充分気をつけて下さい。)
・ 電子レンジ・オーブン・直火のご使用はお避けください。

*陶器を水に浸けると、斑点のような模様が出て色が変わることがありますが、これは、土に水がしみこむ為で、乾くと目立たなくなります。品質に問題はございません。

ご使用後は

・ 醤油・塩分・油分・酸味などの強い食品を長時間入れたままご使用になりますと、貫入に浸透し、しみ・臭い・べとつきの原因になります。ご使用後の浸け置きは避け、すぐに台所用洗剤で水洗いし、よく乾燥させてから収納してください。
・ 吸水性がある為、乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。
・ 食器洗浄機のご使用はお避けください。変色・ひび・破損の原因になることがあります。